TOP お問合せ リンク
概要 活動予定 活動報告 環境情報 発行物 会員

活動予定トップ
研究研究会等
海外研修会
その他
 
 第35回夏期研修研究会のご案内 

★会員・役員へのご案内メール:2022年7月1日(金)★

内容は予告なく更新されることがあります
開催日
<第1日>
講演会(オンサイト・ライブ配信・オンデマンド配信)
2022年8月25日(木) 13:00-16:30
※参加申込者全員にオンデマンド配信(9/1〜22)のURLをお知らせします。
<第2日>
グループ討議(オンサイト・ライブ配信
※ライブ配信をご希望の方は事務局までご連絡ください。
2022年8月26日(金) 9:00-11:30
オンサイト会場 早稲田大学研究開発センター(121号館)
〒162-0041 新宿区早稲田鶴巻町513
プログラム
 →詳しくは
   コチラ

第1日【8月25日(木)】
1.開会挨拶   13:00-13:10
2.開催校挨拶 13:10-13:20
3.特別講演   13:20- 14:20 (60分

「脱炭素時代の環境政策 
 −環境政策50年を振り返りつつ− 」
早稲田大学 法学部 教授 森本 英香
           (元 環境事務次官)
◇休憩・デモ展示見学(10分)◇
4. 研修 講演  14:30-15:20 (50分)
「2050年に向けたエネルギー政策の動向と大学への期待 」
経済産業省資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 
元 省エネルギー課長 江澤 正名
(現 産業保安グループ保安課長)
◇休憩・デモ展示見学(10分)◇
5.話題提供   15:30-16:20 (50 分)
「化学物質の大転換『法令準拠型』から自律的な管理へ」
(独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
化学物質情報管理研究センター長 城内 博
6.講演総括   16:20-16:30
7.デモ展示見学・懇話会 16:30-(自由解散)

第2日【8月26日(金)】
1.グループ討議  9:00-11:30 (150分)
T:教育と連携
<定員 30 名 :学生参加 可>
「SDGs未来都市と大学の役割を考える」
U:化学物質
<定員 3 グループ 計 50 名>
「新たな化学物質管理体系に向けた対応などについて」
V:施設・設備
<定員 30 名>
「脱炭素先行地域において大学に求められる役割について」
2.デモ展示・懇話会 11:30-12:00
3.キャンパス見学会 12:00-13:00

 Aコース<定員20名>新実験棟121号館館内コース
 Bコース早稲田キャンパスのミュージアム等 ※自由見学も可
※ご好評につき、キャンパス見学会は新規受付を停止しております。
 キャンパス見学会のオンライン対応はございません。
参加申込
※説明はコチラ
7月1日(金)から7月22日(金)までに参加予定者1名ずつ申し込みサイトよりお申し込みください。
申し込みサイトはコチラです。
参加費 1名につき4,000円
※研修研修会は、複数のプログラムに参加した場合も、同一料金となります。
※恐れ入りますが、振込手数料のご負担をお願いいたします。
※会員大学の学生は無料で参加することができます。
 ご一緒に参加いただける教職員の方のお名前を「紹介者」欄にご入力ください。

参加費は8月5日(金)までに下記口座にお振込ください。
(8/6(土)以降は参加取り消しの返金はいたしません)
 振込先:三菱UFJ銀行 
  高田馬場駅前支店(店番:657) (普通)3688955
   【口座名義】 シリツダイガクカンキヨウホゼンキヨウギカイ オシオ ヒロシ
参加される方の所属 ご氏名での振り込みをお願いします。
お問い合わせ 私立大学環境保全協議会 事務局
E-mail jimukyoku@shidaikankyo.jp
 
今後の研修研究会予定
未定
 
Copyright(C) Environmental Protection Association of Private Universities All Rights Reserved.