TOP お問合せ リンク
概要 活動予定 活動報告 環境情報 発行物 会員
私立大学環境保全協議会とは
会長挨拶
設立趣旨・これまでのあゆみ
役員リスト
組織概要
会則・諸規定
プライバシーポリシー
 

私立大学環境保全協議会 第18代会長  保利 一

35回総会で,山崎前会長のあとを受け,第18代目の会長に就任することになりました.これまでの活動を継承しながら,本会のさらなる発展に尽力したいと思いますので,よろしくお願い申し上げます.

 さて,本会は1985年に「私立大学環境対策協議会」として発足しました.当初は,各大学が抱える身近な課題,特に,教育・研究活動に伴って発生する実験排水や廃棄物等の対策や,処理業務に携わる教職員の情報交換を通じて処理技術の向上につなげるための相互協力等が中心でしたが,その後,単なる大学における廃棄物等の対策にとどまらず,環境負荷の低減を目的とした環境マネジメントシステムの構築に関する情報交換や,地域環境,さらには地球環境など,環境問題に対する会員校の関心や興味が広がってきたこともあり,1999年に「私立大学環境保全協議会」と名称を変更し,現在に至っております.

 本協議会の大きな活動として,毎年,春と夏に開催している研修研究会があります.開催校に会場を提供していただき,環境に関連した特別講演や研修講演,さらにホットな話題提供等を行っています.また,単に講演を聞くだけではなく,参加者全員が積極的に議論に加わることができるように,いくつかの小グループに分かれてグループ討議を行ったり,情報交換会を通じて会員相互の友好を深められるようなプログラムを用意しています.最近の研修研究会のテーマとしては,サステイナブルキャンパスの構築と環境教育・人材育成,学生参画や地域社会との環境問題への取り組み,化学物質管理とリスクアセスメント,労働安全衛生と作業環境管理,環境意識の啓発・エコ活動,省エネ・省資源と施設設備管理など,幅広い内容となっています.また,開催校のキャンパス内の施設や,近隣の環境関連施設等の見学会なども企画されています.これらは,企画委員会,研修研究会実施ワーキンググループが中心となって企画し,開催校の協力を得て実施しています.このほか,「会誌」や「私大環協ニュース」の発行,環境保全・安全に関する講演会等の開催や展示会への出展,さらにE-learning教材の作成なども行っています.

現在の会員数は正会員137校,準会員1校,賛助会員55社となっています.正会員の数は,近年やや減少気味であり,また,研修研究会に参加する大学の顔ぶれもある程度固定しているのが現状です.本会のさらなる発展のためには,賛助会員を含め会員数を増やすこと,また,より多くの会員が積極的に参加していただくことが課題であり,そのためには,会員の皆様のニーズを吸い上げ,情報交換,意見交換の場として魅力的なテーマやタイムリーな話題を取り上げていく必要があると思います.これまで研修研究会へ参加されなかった会員校の皆様も是非御参加いただき,忌憚のない御意見をいただければ幸いに存じます.ご意見等を踏まえ,事務局ならびに執行部の皆様と力を合わせて本協議会の発展に努めてまいりたいと思いますので,皆様のご協力をお願い申し上げます.

                (産業医科大学産業保健学部 教授)

 

 
Copyright(C) Environmental Protection Association of Private Universities All Rights Reserved.