TOP お問合せ リンク
概要 活動予定 活動報告 環境情報 発行物 会員
私立大学環境保全協議会とは
会長挨拶
設立趣旨・これまでのあゆみ
役員リスト
組織概要
会則・諸規定
プライバシーポリシー
 

私立大学環境保全協議会 第19代会長 松本 道明 

 37回総会におきまして,保利前会長の後を受けまして,第19代目の会長に選任されました.コロナ禍ではありますが,これまでの活動を継承しつつ,本会の更なる発展に尽力したいと思いますので,どうぞよろしくお願いいたします.

さて,本会は1985年に「私立大学環境対策協議会」として発足いたしました.設立当初は,教育・研究活動に伴って発生する実験排水や廃棄物等の処理に関して,処理業務に携わる教職員の情報交換を通じて会員大学での処理技術の向上につなげることが中心でした.その後,大学を取り巻く社会の変化とともに,各大学における排水,廃棄物対策のみならず,環境負荷の低減を目的とした環境マネジメントシステムの構築,地域の環境,さらには地球環境などの環境問題に関して会員校の関心や興味が広がってきたことから,1999年に「私立大学環境保全協議会」と改称し,現在に至っています.

本協議会の大きな活動として,毎年,春と夏に開催している研修研究会があります.例年であれば,開催校に会場をご提供いただき,環境に関連した特別講演や研修講演,ホットな話題提供などを行っています.会では,単に講演を聴講するだけではなく,参加者全員が積極的に議論に加わることができるように,会員に関心が高いと思われるトピックごとに小グループに分かれてグループ討議を行い,情報交換できるように努めています.さらには情報交換会では会員相互の親睦を深めることができ,人的なネットワークの形成に役立てることができます.また開催校のキャンパス内の施設や近隣の環境関連施設の見学会も企画されています.これらは研修研究会実施ワーキングが中心となって企画し,開催校の協力を得て実施しています.最近ではウィズ&ポストコロナ時代の大学のあり方を考える」をテーマにした講演,SDGs(持続可能な開発目標),BCP(緊急時の事業継続計画)に関する会員校の取り組みなどに関する講演などがありました.グループ討議は1:教育と連携,2:化学物質,3:設備施設といった会員の皆様のニーズに沿ったテーマで行っています.残念ながらコロナ禍で2020年度研修研究会の春は中止,夏は延期になり,代わりにwebシンポジウムを開催いたしました.2021年春はオンラインでの開催となりましたが,オンライン開催でのメリットもありますので,以後の研修研究会は開催校のご都合もありますが対面とオンライン開催と併用していければと思います.これは固定化しつつある研修研究会への参加校を増やすための一助となるのではないか思います.まだ参加したことのない会員の皆様も本会行事に参加して,議論して一緒に発信していきませんか.

このほかの活動として,「会誌」や「私大環協ニュース」の発行,環境保全・安全に関する講演会等の開催や展示会への出展,さらには環境保全・安全教育に関するE-learning教材の開発なども行っています.

主な活動である年2回の研修研究会を会員にとって実り多いものにするために,研修研究会実施ワーキングが中心になって企画していますが,会員の皆様にも研修研究会に対してあるいは協議会について忌憚のないご意見をぜひお寄せいただきますようお願い申しあげます.執行部,事務局の皆様とともに一丸となってコロナ禍を乗り越えて,皆様のご意見をもとに入会してよかったと思える協議会を目指したいと思いますので,皆様のご協力をお願い申し上げます.

(同志社大学理工学部 教授)  

 

 
Copyright(C) Environmental Protection Association of Private Universities All Rights Reserved.